アウドドア・ライフ ホームページ

フォトアルバム

過去のエンジョイ

最近のトラックバック

« 2006年4月 | メイン | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

時計

職場の時計です。

すぐ電池がなくなって止まります。Vfsh0002

 

2006年5月29日 (月)

キッズ携帯

先日、キッズ携帯を購入しました。

何かと物騒な世の中なので、親としては少しでも安心したかったので、購入したのですが、

やってきた携帯は、普通の携帯と、大して変わらない・・・・。

発信制限ぐらい普通のでもできますよねぇ。

さらに一番期待していた、安心ナビが、イマイチところか、かなり不正確だし、

屋内とかだと、動作しない事も判明!!

こんなので役に立つのだろうか?????

うーん、期待していただけに複雑な心境です。

2006年5月23日 (火)

これなんだ?

Nec_0014_1Nec_0015_1これ何だと思いますか? 

僕は梅干だと思ったんです。

あとは、漬物とか、海苔とか、とにかく和風の漬物系のイメージですよね。

正解は、なんとチョコレート・ケーキ。しかもドイツ菓子!!

びっくりでしょ。

http://konigs-krone.co.jp/

こちらのお店に売っています。

内祝いにもらったんですが、こういうのって嬉しいですよね。

知らないものって貰うしかないですからね。

それにしても、食べた後、この壺が残るんですが、

どうしたものだろう。

おいしかったけど、何度も買ったら、溜まってくるよなぁ。。。。

モロゾフのプリンも困るけど。

Nec_0016_1

ナスの肉味噌炒め

Nec_0012 これは僕が独身時代から好きでよく作っていたオカズですね。

中華鍋を購入したんで、簡単にできてしまいます。

独身の頃は味噌と砂糖で味付けしたいたのですが、

この場合、かなり甘辛く仕上がるので、最近は砂糖の代わりにミリンを使って、

マイルドに仕上げるようにしています。

それでも味が濃いので、ご飯が進みますよ。

隣は、スナックエンドウです。

これおいしいんですよねぇ。。。。

Nec_0013_1

ナイロビの蜂

うーん、思い映画でしたね。

アンジョリーナ・ジョリーの「すべては愛のために」に内容が似てるようなきがしますが。

感想としては、「自分が正しい」と思ったら、危険でも少々違法でもやってしまう、

そういう事にハマってしまう人っているんだろうなって、「すべては・・・」と同じですね。

「ナイロビ・・」の方は、若干サスペンスの要素が入ってるので、

先が気になる展開ではあるかな。

それと映像が特徴があるんですが、これは好みですね。

僕ははっきり映した方が好きなんで、こういう抽象的な描写は苦手かなぁ。

それにしても思い映画で、娯楽とは言えませんね。

どうなんだろ???

2006年5月19日 (金)

天気予報って???

91010029 晴れています。

午前中、降水確率80%だったのに・・・・。

今は30%に変わっています。

天気予報はいったい何なんでしょうね。

降水確率もけっこうですが、予報が当たる確立も表示してほしいです。

何も明日の天気を100%当てろってわけじゃないですよ。

今日これからどうなるか知りたいのに、これじゃぁ、予報の意味があるんだか???

しっかりしてよぉ!!

2006年5月16日 (火)

シーフード・スパゲティ

昨日は、シーフードミックスが冷蔵庫に余っているのを見つけたので、

シーフード・スパゲティを作ってみました。

ポイントは、あらかじめシーフードだけを傷めておいて、あとで

トマトソースとからめるところかな。

トマトソースは、トマトから作ったので、かなりアッサリの味付けになりました。

シーフード・スパゲティのトマト風味ってところですね。

Img_1553 Img_1556

2006年5月12日 (金)

おもちゃだな。

Img_1550 合キャンで影響されて、勢いで買ってしまったのが左の中華鍋です。

仲間内では「炎の料理人」と呼ばれている方、オススメの「山田打ち出し中華鍋」です。

とにかく、その「炎の料理人」が作ったチャーハンには感動しました。

焚き火で作ったんですが、燃え盛る炎を相手に振る鍋(鍋は「振る」と言うそうです)の

迫力たるや、すさまじいもので、その中を舞うチャーハンのうまそうなこと。。。

実際に食べて見ると、ごはんが完全に、パラパラで、中はホンワカ。

完璧にプロの味でした。

で、これに一目ぼれして、その方に相談し、実際に購入したのが、この中華鍋です。

初心者は、片手鍋で、しかも柄が付いていた方が良いだろうということになって、

コイツを購入しました。

さて、中華鍋と言えば、中華料理とお思いでしょうが・・・。

ところがギッチョン、これがいろいろ使える。

普通のフライパンよりは、振りやすいので、炒め物はなんでもOK。

さらに、油が馴染むし、上の方が広いので、揚げ物がカラッっと上がりやすいなどの

利点があります。

炒めたあと、軽く煮込む料理にも最適なわけです。

最近これで作った料理は、ミートソースです。

イタリアンでしょ。

普通のフライパンで作るよりは、グッと簡単で楽しいですよ。

中華鍋のうんちくはこちら

過去NHKの「ためしてガッテン」で中華鍋を紹介してブレイクしたことがあります。

中華鍋の奥は深いですよ。

2006年5月11日 (木)

男の料理への道2(コラム)

男の料理って書くと、なんとなくカッコイイですが、これが、本やTVで見るようには

なかなかカッコよくいかないんですよね。(既婚者の場合)

それは奥さんの料理と、どのように協調していくかってのが難しいんですよ。

なんてったって、男の料理はこだわりが大事です。

こだわらない僕が書くのも変なんですが、それでも、ただ夕食を作るだけでは、

単なる炊事当番です。

これは趣味とは言わないでしょ。

だから、こだわりも、とりあえず大事

前回「道具から入る」と書きましたが、実際に鍋を購入すると、

それだけで、たいがいの奥さんは不機嫌になると思われます。

うちは特に酷いような気がしますが。。。

自分は普段、普通の鍋で料理できてるわけですから、

高級な鍋を買う理由が理解できないんですよね。

そこに持ってきて高級な調味料、材料を購入すれば問題はさらに深刻、

小遣いで買っても、やはり歓迎はされないと思います。

単に経費の問題だけでなく、男の料理ってのは、暇な時にしかやらないので、

調味料や、材料が、余ってしまう場合が多発し、これを奥さんが処分する可能性が

非常に高くなるし、当然置き場も問題になってきます。

これは、かなり深刻な問題です。

そこで結論の一つ目、

男の料理は、奥さんの機嫌を見ながら始めるべし!!

なんてったって、奥さんにとっては、自分の城(キッチン)を使われるわけですから、

「キッチンを借りる」ぐらいの気持ちが必要です。

となると、問題は後片付けなんですよね。

作る前から片付けを心配するのも変ですが、やはり最初に失敗すると

二度とキッチンを貸してくれない可能性もあります。

ここはやっぱり押さえたいです。

そして2つ目のポイント。

奥さんの満足するもの又は、子供の満足するものを作るべし!!

確かに、エスニックなものなど、作りたくなるんですよね。特に辛いやつとか。

なんですが、最初はやはりこういうのは避けるべきです。

そして、奥さんがなかなか作らない料理、これも大事です。

同じメニューだと比べられるし、楽しみも少ないってもんです。

そういう事を考えて、僕が1番最初に作った料理は

じゃーん「焼き芋」です。(これって料理かぁ????)

なんてったって、ただ火にかけるだけで、道具を多様しないし、材料費が安い、調味料は

要らないし、子供も大喜び!!

失敗も少ないし(焦げることはあるが)お勧めです。

とりあえず、これで奥さんの印象を良くしておくことが大事です。

2度目3度目と回数を重ねてから、本当に作りたいもの、食べたいものを作りましょう。

その際の注意事項、

なるべく、今家にある材料を使いましょう。

調味料の購入は控えましょう。

材料を余らないように使い切るか、又は、余っても良いか、確認しておきましょう。

初心者のうちは、作ってみたい料理がたくさんあるんですよね。

その気持ちは判ります。

さらにレシピどおりに作らないと、なんとなく不安なんですよね。

それも判ります。

しかし、だんだんと、レシピどおりでなくてもできるし、調味料もチョンボできることが

判ってきます。

Img_1549 要領を覚えてきたら、本当に必要な調味料も判ってきます。

その時に少しづつ購入すれば良いと思います。

最初のうちは手を出さない方が良いものを2、3書いておくと、

サフラン、ターメリック、ガムラマサラ、バルサミコス、エクストラ・バージン・オイル、

など、高いし、なかなか使い切りません。

古くなるともったいないですよ。

定期的に作れるようになったら、少しずつ購入しましょう。

逆に良く使う割りに安いもの、これの代表は「味塩コショウ」と「固形スープの素」です。

和風なら「濃縮つゆ」があれば、ほとんどの料理ができます。

この辺りなら奥さんの理解も得られるし、既にキッチンにあると思います。

で、この「味塩コショウ」と「固形スープの素」のを使ってできる料理が僕が作った

2番目の料理なんです。

ポイントは材料も安いってところです。

Img_1450_1 それは、ずばり「鳥のトマト煮込み」

まず、トマト煮込みは、忙しい奥さんは、なかなか作らないでしょうから、

個性を演出できます。

肉も鳥なら安いし、トマト缶を使えば105円です。

あとは、ニンジンとジャガイモと玉ねぎがあればOKなので楽勝です。

ぜひチャレンジしてください。

そして男なら、ぜひチャレンジしてほしい料理もあります。

それはパエリアです。

贅沢なサフランと魚介類を使うので、めったにできないのですが、

スペインでは、男が愛する女性のために作る料理なんだそうです。

なかなか成功しないんですが、うまくできたら、感動すること間違いなしです。

ぜひパエリアを目標にがんばってください。

2006年5月10日 (水)

男の料理への道1(コラム)

今回は、ちょっと趣向を変えて、コラム風に男の料理を語ってみたいと思います。

何事にも僕の場合「こだわらない」事が原則です。

そういうやり方もあるんだという事で読んで見てください。

最近、外出がなかなかできないという理由で、うちにいてもできる趣味を発掘しています。

それが料理なんですが、全然アウトドアじゃないかというと、そうでもない。

庭でやる料理はアウトドアだし、実際にキャンプに行った時に実力を発揮できます。

さて、料理に目覚めたきっかけですが、もちろん、これもキャンプ!!

多くの方がそうであるように、僕もキャンプと言えば、夏はバーベキュー、冬は鍋というのが定番でした。

これをなんとか打破したいと思ったのが、きっかけでダッチ・オーブンを購入。

これが大きくキャンプのスタイルが変わるきっかけでした。

例によって、高価なものを購入するときは、ネットで慎重に調べます。

その中でキャンプの達人やダッチオーブンの達人と知り合うことになり、

さらには、合同キャンプ(合キャンって言います)に参加するようになりました。

そこで、目にしたものは、とてもキャンプ場とは思えない豪華な料理だったのです。

これはもう進むしかない道に入ったと思いました。

当時はまだ購入を決意してなかったのですが、帰ってからさっそくいろんな人に

意見を聞き、さらに自分に合ったものという事で購入したのが、コンボクッカーです。

Konbo まず続くかどうかが自分自身心配なので、なるべく安いもの。

そして、扱いやすい初心者向きのもの、という事でベストな選択だったと

今も、考えています。

普通の(キャンプ)ダッチオーブンは、アウトドアには、良いのですが、キッチンで使うには、

他の道具が必要だったり、キッチンで使えなかったり、いろいろ不便なところもあります。

その点、コンボクッカーなら、他に必要なものがないし、(1,000円の底に敷く網を

買ったぐらい)、コンロが使えるので、火力の調節が簡単にできます。

焚き火での料理はもちろん目標になるのですが、いきなりやると、火力の調節で

失敗しやすいし、焚き火に気をとられると料理がおろそかになります。

そういう意味で、ダッチオーブン・デビューはキッチンのコンロがオススメです。

で、僕の場合、これが当たりだったんです。

ダッチオーブンは、オーブンという名前ではありますが、煮込み料理に威力を発揮します。

初心者向きの料理と言えば、例えばカレーなど、ストーブの上で料理できます。

簡単に夕食をダッチオーブンで作れるってわけですね。

とにかく最初は、何か作ってみなきゃ始まらないので、簡単にできるに越したことはありません。

そしてある程度、料理に自信がついて、余裕が出るようになったら、いよいよ焚き火料理です。

Takibi 必要なものは、キャンプ・ダッチ、焚き火台、トライポッド、リッドリフターです。

ここまでくると本格的でしょ。

なんてったって、道具が増えますから、豪快です。

キャンプ場に行けば自慢げに料理できますよ。

さらにできあがった料理がうまい!って事になれば最高でしょ。

ビールも進むってもんです。

・・・でここまで書いて何が言いたいか??

それは「まず道具から入れ!!」って事ですね。

何か作ってみようと思ったら、鍋一個購入することです。

その鍋を手入れしているうちに愛着が湧いてくれば、何か一品できているはずですよ。

男の料理への道2へ続きます。お楽しみに!

・・・誰も楽しんでないかも。。。。。。